LGBT診断テスト

自分がゲイかもしれない、レズビアンかもしれないと感じた時に、本当にゲイなのかレズビアンなのかチェックするためのLGBT診断テストをご紹介していきます。

 

ゲイ診断

今回はゲイ診断んピョウ整は低いテストではありますが、ゲイ診断としては人気の高いテストになっています。

画像を見るだけで出来ますので、気軽に診断することが可能です。

 

次の画像を見てみてください。

 

 

 

レズビアン診断

すべて「はい」か「いいえ」で答えてみてください。

1.休みの日に遊ぶ相手として真っ先に女性が浮かぶ
2.正直、男性よりも女性といる場合の方がはるかに楽しい
3.人と違うスタイルを好み、爪磨きをすることを怠らない
4.憧れや好意を抱く相手は女性の方が圧倒的に多い
5.レズビアン系のアダルトビデオを見たことがある(気持ち悪がらずに見ることができる)
6.仲のいい女友達が他の女性と仲良くしている(遊んでいる)といい気分がしない
7.ビアンバーや新宿2丁目といったビアンスポットに興味がある
8.美容院で女性スタッフにシャンプーされるとちょっとドキドキする
9.男装系女子よりもボイ系女子がいい
10.ぶっちゃけ、一回女の子とのセックスを体験してみたい

チェックは終わりましたか?
次は、チェックあわせ、「はい」の数で自分の『レズビアン度』を確認してみてください。

「はい」が1~2個の人

あなたはおそらくノンケの女性。ビアン娘を探すよりも男性との恋愛を楽しむ方が向いています。

「はい」が3~5個の人

もしかすると、レズビアンの素質がある「弱ビアン女子」今後「はい」の数が増えることになるかもしれません。
自分にはレズビアンになる可能性があると思っておいていいと思います。

「はい」が6~8個の人

『レズビアン度』がかなり高い女性です。おそらくあなたは自分でもうっすらとビアンとしての自覚があるのではないでしょうか?
開花し始めているか、もしくは近い将来ビアンとして花開く可能性が高い人です。

「はい」が9~10個の人

ほぼ間違いなくレズビアンです。男性も好きという方はバイということになります。本来この診断をしなくてもいいぐらい、自覚があるはずですよ。迷わずビアン、もしくはバイとしての道を突き進みましょう!!